2012-02-20 (Mon)
2/22 ↓検証結果を追記してます♪

皆さんは、トレース台を知っていますか?
イラストを描く時に使う、光る台です☆

大好きなホビー系ホームセンターでスタンプコーナーの隣に
漫画グッズのコーナーがあって、
いつもいいなぁと思いながら通り過ぎてました。
ほしかったのはこのピクチャートレーサー(6000円)でした。
トレーサー♪

図案をトレースする時、下に光があると見やすいんです。
でもそんなに使うわけじゃないし、かなり予算オーバーで・・・。

ネットでは本格的に自作されてる方もいたけれど、そこまでは出来ない・・・。
で、100均グッズでどうにかできないかと模索。

コンパクトサイズのトレース台が完成しました^^
完成図はこんな感じです♪
100均グッズでトレース台♪①
マスキングテープでちょっとかわいく♪
いい感じ~♪♪

ということで、作り方です☆

まず準備したのがコチラ^^
100均グッズでトレース台♪②
◆標本箱(セリア) 105円
◆アクリル板(ダイソー) ※210円
◆LEDライト(どちらもアリ) 105円
◇キッチンペーパー または 厚めのトレーシングペーパー)
◇アルミホイル

①アクリル板を標本箱のサイズに合わせてカットして、
  標本箱の窓枠に固定する

  ⇒アクリル板をカットするのが一番大変でした^^;
    固定はマスキングテープでOK!十分使えます♪

②アルミホイルをグシャグシャにしてからひろげて標本箱に敷いて、
  LEDライトを中央に置く

  ⇒ホイルのおかげで光が拡散しやすくなります♪
100均グッズでトレース台♪③
↑のLEDライトのカバーは、透明じゃなくて白いほうが
光が散っていいかもしれません。
確か、ダイソーにあった物がカバーが白かったような・・・?
※2/22 追記
セリアに白いフタのものがありました。
ただ、ライトが1灯なのとちょっと厚みがあるので標本箱に入れると
高さがギリギリで窓に近づきすぎるため、中心以外が多少暗くなります。
ただ、電池カバー(裏のフタ?)をはずすと少し低くなるのでいいかも。

どっちも買っちゃったので出来る作戦ですが、
ダイソーの透明フタ3灯をドライバーなどで分解してカバー等を全て外し、
セリアの白フタ(これも分解して上のフタだけ取る)をかぶせるのが一番良いようです。
100円投資が増えますが・・・w
100均グッズでトレース台♪続き☆
最終形(分解後)のダイソー点灯部 + セリア白フタです。
あ、箱の外は残骸。灯りとしては一応使える状態ですw


③キッチンペーパーか、トレーシングペーパーをふわっとかぶせて
  フタを閉めたら完成~~♪


ライトを点けるとこんな感じです。
100均グッズでトレース台♪④
コレだけ見るとちょっと光が強いですが、
上に紙を置くと、ちょうどいい感じになります。

大きめのイラストなどを描く場合は
ライトを2個置いてもいいかもしれませんね^^

標本箱だけだと窓の部分がガタガタしちゃいますが、
アクリル板は丈夫なのでしっかり描けます♪
100均グッズでトレース台♪⑤

420円でトレース台が出来るなんて、嬉しいですね♪

最近の100均は楽しいグッズがたくさん♪
もっといろんなものが登場してくれるといいなぁ~☆



おぉ!!と思ってくださった方、ぜひぜひ、1ポチ投票よろしくです^^
はんこじゃないですけど(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
消しはんブログのランキングに参加中です☆
ポチっと愛の一票お願いします♪


スポンサーサイト
| 道具 | COM(14) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する